ラミネートベニアについて 審美歯科ガイダンス

スポンサードリンク

2007年09月09日

ラミネートベニアについて

審美歯科で歯を白くする歯科治療法として、ホワイトニング以外には、ラミネートベニア法というものがあります。

 ラミネートベニア法という処置は、歯の表面を削り取り、薄いセラミックの板を歯の表面に貼付けるというものです。

 歯が生えてきたときから強い変色がある場合など、生まれつきの歯の質によっては、ホワイトニングだけでは十分白い歯にならない場合があり、そのような歯にはラミネートベニア法が有効です。また、歯の表面を削るので、同時に歯の形態を直すこともできます。

 歯を削るというと何か大げさな気がしますが、実際のラミネートベニア法に必要な治療期間は2回程ですので、比較的気軽に処置を受けることができると思います。削る部分も、歯の表面のごくわずかですので、歯に必要以上の負担がかかることもない治療法です。

 ラミネートベニア法は、加工が容易で丈夫なセラミックを使用します。ですから、歯を白くする効果だけでなく、ムシ歯やねじれ歯、磨耗した歯などにも幅広く応用でき、歯並びや歯の形を修正できるのも特徴です。
posted by nonak at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54559620

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。